seimon0897.JPG 

金沢市立紫錦台中学校ロゴ 

 

 

 

kousya0891.JPG 

title_menu.gif

トップページ
学校の概要
学校の沿革
校長メッセージ
学校だより
保健だより
図書館だより
行事予定
生徒会
部活動
金沢小中一貫教育
金沢ユネスコスクール
学校研究
学力向上策
いじめ防止基本方針
同窓会
紫錦写真館
リンク集
サイトマップ

金沢市立紫錦台中学校

〒920-0938
金沢市飛梅町3番30号
TEL: 076-262-7268

FAX: 076-221-6695

☆ご意見ご感想をお寄せください
005926
PTA家庭教育学級「三尖塔委員会」開講式挨拶

 秋立つ風もさわやかな頃となりました。皆様、お元気でお過ごしのことと思います。いつも本校の教育にご理解、ご協力をいただきありがとうございます。
 学校は2学期を迎え、生徒は一層頑張っています。今年から、ハード面では、エアコン整備、一人一台端末配布、ソフト面では、中学校新学習指導要領が本格実施となりました。
社会の変化の速度がスピードを増し、今の中学1年生が社会に出る頃には、今ある仕事の65%が代替されていると言われています。予測困難な社会であっても、自ら課題を見つけ、自ら考え、判断して行動し、それぞれに思い描く幸せを実現してほしいという願いのもと、教育活動を行っています。
 さて、そんな中、保護者や家庭の役割として求められることは何でしょうか。新学習指導要領改訂にあたり深く関わった國學院大學 田村 学 教授は、「そうした社会で求められる能力の基礎は、一人一人の子どもに内在する能力です。存分に能力が発揮できるよう子どもを取り巻く環境を整えることが大切です。」と語っています。
 子どもにとっての環境の中で、大人の存在は大きいです。大人がどのように振る舞い、どのように語るか、とりわけ「励まし支えること」「受け入れ共感すること」などの大人の対応は大切です。そうした行動と言葉かけが、一人一人の子どもにポジティブな感情を抱かせます。子ども自身がポジティブな手応えをもつようになれば、意欲や自信になります。子どもにとって最も身近な大人である皆様には、ご家庭で、ぜひ子どもたちのがんばりを見て聴いて、「いいね」と認めていただきたいと思います。共感し、肯定するこのような言葉のシャワーを投げかけ続けていくことが子どもの成長を豊かにしていきます。
 人生100年時代と言われます。私たち大人も周囲の方とポジティブなつながりをもち、学び続けていきたいものです。
 PTA家庭教育学級 「三尖塔委員会」が保護者の皆様の温かいつながりの場となり、新たな学びの場となりますことをお祈りし、開講式のご挨拶とさせていただきます。
                                                     令和3年9月18日  紫錦台中学校 校長 宮崎 祐子

スクールフォーラム ご挨拶

  風薫る季節となりました。校庭にある木々の新緑が爽やかです。令和3年度がこの若葉のように、子どもたちにとって夢と希望に満ちあふれた一年であることを心より願いたいと思います。
 保護者の皆様には、日頃より本校の教育活動にご理解とご協力をいただきありがとうございます。また学校支援ボランティア、生徒の安全確保等、多くの保護者、地域の皆様にご協力いただいておりますことに、心より感謝申し上げます。
 新型コロナウィルス感染拡大防止に向けて、金沢市はもちろん、世界各地で様々な対応が施されています。本校では安心と安全を考慮し、本日のスクールフォーラムを書面での開催とさせていただきました。一日も早く、心穏やかな普段の生活が取り戻せるよう祈念しています。昨年来、本校では工事が続いていますが、4月から各教室一台大型モニターや一人一台端末が整備され、6月初旬にはエアコン設備が完成予定で、念願の教育環境が続々と刷新されていくプロセなに、期待感をもって、日々落ち着いた中にも、活気ある教育活動が行われております。
 さて、今年度の学校教育目標を「自ら学ぼうとする意欲と向上心を持った、知・徳・体の調和のとれた生徒の育成」とし、実現を目指しています。本校の生徒たちは、学習や部活動、学校行事に積極的に取り組んでいます。思いやりの心と相手を気遣える素直な生徒が多いとも感じています。現在、社会の各方面で多様な変化が複雑に関係しながら急速に進んでいく中で、難しい問題に直面し、対応に苦慮しています。それらの問題には、あらかじめ用意された正解はありません。私たち自身が、そして次の時代を担う子どもたちが人間と社会の望ましいあり方を主体的、創造的に描き出し、それを実現できる力を高めていくことが求められます。より高みを目指す生徒を育てていきたいという思いから、教育目標の中にある、「自ら」「意欲」をキーワードに知徳体のバランスのとれた生徒の育成を図っているところです。

 最後に、我々教職員一同、歴史と伝統のある紫錦台中学校に勤務できることに、自覚と誇りをもって、PTAや地域の方々と手を携え、信頼される学校づくりの推進を一層進めていきます。いたらぬ点も多々あろうかと思いますが、どうか、子どもたちの健やかな成長のために、本校の教育にご支援いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。
                                                              令和3年5月11日
                                                                金沢市立紫錦台中学校 校長 宮崎 祐子

令和3年度 学校教育目標及び学校経営方針

1  校訓・教育目標
   校 訓  「和親 協力 自主 責任」
   教育目標「自ら学ぼうとする意欲と向上心を持った、知・徳・体の調 和のとれた生徒の育成」

2  めざす生徒像
 @ 明るくさわやかに行動し、元気な挨拶と礼儀を身につけた生徒
 A 感動する心や思いやりの心を持った、感性豊かな生徒
 B 規律ある態度で目的意識を持って授業に取り組み、学習の深まりを追究する生徒
 C 健康的な生活習慣と心身の健康維持に努める生徒
 D 規範意識を持ち自ら考えて行動できる、社会性を身につけた生徒

3  めざす教職員像
   紫錦台中学校の教職員としての「情熱」「使命感」「誇り」をもち、「チーム紫錦台」の一員として教育実践できる教職員
 @ 自己の資質や能力・力量を高めるための努力を怠らない教職員
 A 教職員相互が互いの立場を理解し、助け合い、信頼関係のもと時には建設的に指摘し合うことのできる教職員
 B 生徒一人一人の個性や能力を引きだし、生徒から信頼される教職員

4   めざす学校像
 @ 教師と生徒の温かい人間関係のもと、安心して学べる環境作りに努め、確かな学びと豊かな心を育てる学校
 A 明るく活力に満ち、教師、生徒共に学び高め合い、生き生きとした姿が満ちあふれる学校
 B 保護者や地域と共に歩み、信頼される安全で安心な学校
 C さわやかな挨拶が飛び交う、笑顔あふれる学校

校章

 kousyou.jpeg

 

 

 

 

 本校の校章は、創立の昭和23年、旧金沢二中から譲渡された三尖塔の校舎を形どってデザインされ、知・徳・体の3つの調和のとれた人間形成を目指して制定されました。

sansentou0180.JPG 
 CIMG8087.JPG
 genkan0552.JPG
 A03.jpg
 nitai0919.JPG

since 2010.04.〜 Copyright(c) 2010. 金沢市立紫錦台中学校, All rights reserved